読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は自由で楽しいのだ

40代独女。2016年9月からアフィリエイト挑戦中。

仕事があるから生きていられる

何気なくつけていたTV。京都の山あいの小さな集落に住む平均年齢89歳の3人のおばあちゃんの話でした。

 

このおばあちゃんたち、そこで採れるトチの実を使ってお菓子を作って売っています。

 

暇つぶしののんびりしたものではありません。お盆とお正月以外は毎日仕事。あられやおかきなどの素朴な味が人気だそうで、道の駅などでの売り上げは、何と年間400万円にもなるそうです。

 

90歳といってもそりゃあもうしっかりされてます。トチの実を採りに山の中へひょいひょい。だいたい活性化のためにとこのお菓子作りを始められたのが10年前。ということは・・・その時すでに80歳!!

 

そんなおばあちゃんたちに、ちょっとした波が訪れます。

新商品でクッキーを出すことを勧められたんです。

 

2人のおばあちゃんは反対します。忙しくて手が回らない、人手がいると。

 

ところがもう1人のおばあちゃんは「私、やる」と言います。そのおばあちゃん、実は料理が少し苦手で補助的な作業をされていたので「自分が責任を持ってやるものを持ちたい。今までの自分を変えたい」との思いがありました。

 

89歳ですよ。新しいことにチャレンジする。自分を変える。脱帽です。

 

で、試作品を何回も作っていくわけですが、最初はなかなかうまくいきません。そんな時の3人のバランスがまた絶妙です。正面切ってぶつかるわけではないけれど、簡単に譲ったりはしません。時には引いて、時には押して。そしてきちんと商品にしていくんです。

 

もうね、普通の会社を見ているようでした。

おばあちゃんたち、バリバリの現役です。貪欲。シンプル。自分たちの手で仕事を作って、役割があって、改善して、売り上げて、報酬を得る。お給料日なんてね、そりゃあもう嬉しそうにもらうんです。

 

おばあちゃんたち、言ってました。

 

「仕事があるで 生きとれるんやで」

「仕事がなかったら もっともっと弱っとる」

「仕事のおかげや」

 

 

仕事と自分との関係が本当に素敵です。

年齢関係ないとよく言いますが、自分が90歳であんな風にいられるかなあ。。。